前文

1999年4月に地球環境の保護保全にむけ「小松精練環境管理宣言」を策定し、これまで環境保全および環境づくりを最 重要課題としてさまざまな企業活動に取り組んできました。設立75周年を迎えようとする今日、小松精練グループは 「小松精練環境管理宣言」の理念と方針を継承しながら発展的にこれを再構築し、若い世代が生き生きと暮らせる社会 形成に貢献するため、人と繊維と自然とが共生できる住みよい地球環境づくりをめざしていきます。そのもとに当社グ ループは、以下の理念と方針に基づき環境マネジメントを実現していきます。

基本理念

地球温暖化、資源の枯渇、生物多様性の喪失など人類が直面するグローバルな課題に誠実に取り組み、人間社会の繁栄と環境保護との調和を図りながら、企業責任として、健全な地球環境の保護に向け最善を尽くす ことを誓います。

基本方針

  • 自然環境の保全

    当社グループの企業活動においては、地域社会や自然環境への影響に配慮し、環境リスクの低減に努めます。

  • 環境法令・規則の遵守

    国および地方自治体の定める水質、大気、騒音、有害物質等の規制並びに、国際的環境規制を遵守し、地球環境の保護に最善を尽くします。

  • 化学物質の管理

    当社グループで使用する染料、薬品等について、環境負荷の大きな化学物質を徹底管理し代替物質への転換を図るとともに、グローバル規準の規制に対処し地球環境の保護に努めます。

  • 資源・エネルギーの節減と効率的利用

    水、エネルギーの使用に関し、環境負荷低減の重要性を認識の上、資源、エネルギー等の利用の効率化と資源のリサイクル、及びそれに向けた設備・システム・作業方法の改善を継続的に行います。

  • 地球温暖化の防止

    低炭素社会の構築に向け、環境負荷の少ないエネルギーの選択、省エネルギー設備の導入等によりCO2の排出削減に努め、環境に配慮した商品開発等の環境共生ビジネスを展開し、地球温暖化防止に貢献します。

  • 産業廃棄物の削減とリサイクルの推進

    産業廃棄物の発生抑制とリサイクルに取り組み、循環型社会の構築に向け努力します。

  • 環境教育の充実

    環境教育を充実し環境倫理の向上普及に努め、当社グループ内における教育・広報活動等を通じて、全員参加による本方針の理解と環境に対する意識の向上を推進します。

  • 社会とのコミュニケーション

    豊かな地球環境を次世代に継承するため、社会との対話に基づいた取り組みを行うとともに、環境保全活動に関する情報を積極的に開示するよう努めます。

制定 1999年 4月 1日
改訂 2015年12月1日

代表取締役社長池田 哲夫