未来を担う子どもたちに夢と希望を

「能美市小学校サッカー大会」を共催(2014年10月)

「能美市小学校サッカー大会」を共催(2014年10月)

2014年10月、能美市物見山陸上競技場で「第9回能美市小学校対抗サッカー大会」が開催されました。この大会は、地元小学生の健全な心身の育成と、サッカーを通じてチームワークや目標に対する取り組み姿勢を学ぶ場として、市内の小学校8校が参加しました。この大会で子供たちは、日頃の練習の成果を発揮し、それぞれ母校の名誉をかけ、白熱した試合を繰り広げました。勝ち負け関係なく最後まで諦めずに走る選手たちの強い心、また選手への熱のこもった声援を送り続けるチームメイトやご家族の方々の深い絆に強い感動を覚える素晴らしい大会となりました。
当社は、2006年よりスタートしたこの大会に毎年協賛し、企画・運営を行っており、事前準備から大会当日の試合進行など、多くの社員がスタッフとして運営を支えています。今後も、小松精練グループは、未来を担う子供たちが夢や希望を持って成長できるような地域貢献活動に積極的に取り組んでいきます。

「子どもマイスターウィーク」に協賛(2014年11月)

「子どもマイスターウィーク」に協賛(2014年11月)

子どもマイスターウィークは、産官学が連携し児童・生徒の観察、実験、工作、調査など幅広い研究や学習に対する興味や関心を高め、創造性豊かな人間形成図ることを目的に、平成20年より実施されています。期間中、小松精練は自社素材が使われている最新の商品を展示するほか、技術開発本部が中心となり子どもたちに繊維の不思議や科学の面白さを伝える「科学教室」を行っています。会場には、能美市内の小中学校11校から総数764点もの作品が集まりました。

「子どもマイスター事業」が文部科学大臣表彰を受賞(2014年4月)

子どもマイスターの事業が石川県商工労働部からの推薦を受け、文部科学大臣賞表彰の「科学技術賞 理解増進部門」を受賞しました。この表彰は平成17年に文部科学省で創設され、科学技術に関する研究開発、理解増進などにおける顕著な成果に対して毎年表彰しているものです。この事業が青少年をはじめ広く国民の科学技術の関心及び理解増進にあたると評価されて受賞となりました。

グループ社員・家族による海岸および運動公園の清掃

グループ社員・家族による海岸および運動公園の清掃

小松精練グループは企業理念の一つである「地球・社会に貢献する」活動の一環として、毎年、夏(7月)に本社工場及び美川工場近隣の海岸清掃、秋(10月)には地元能美市内の運動公園の清掃を実施しています。 石川の恵まれた自然の保護と日頃の企業活動にご理解いただいている地域の方々への感謝の気持ちを込め、毎回、1,000名以上のグループ社員およびその家族が参加し清掃を実施しています。これからも当社グループは事業を進めるだけでなく、企業市民としてさまざまな活動を通して社会貢献を目指していきます。