ファッションファブリック

ウルトラ ・ルガーノ

革新的光沢素材

開発の経緯

当社は2007年8⽉より、最上質うるし調素材『ルガーノ®』の販売を続けております。その間、継続して光沢におけるシーズ開発を⾏っていたところ、近年、主要な顧客から従来の『ルガーノ®』を更に上回る光沢感を求める声があがってきたため、これまでの限界を超えた光沢感の表現を追求しておりました。そこで従来の『ルガーノ®』の特⻑(①扁平にならない、②硬くならない、③ドレープ性を維持、④光沢感の持続性及び洗濯耐久性)を保ちつつ、新たな加⼯技術により、これまでの光沢領域を超えた輝度に挑戦しました。
この度、当社は独⾃設計により開発した多段式マルチニップ⽅式のマシンを更に進化させ、加えて匠技のような感性による加⼯技術を融合させることで、イノベーティブな光沢の表現に成功しました。

“プルミエール・ヴィジョン“で発表

『ウルトラ・ルガーノ™』は、試作品として2015年7⽉に開催したフランス・パリ個展で覆⾯出展し、欧州の⼀部マーケットでテストセールスを実施しました。先⾏販促における市場の反応は極めて⾼く、既に欧州のトップメゾンから量産契約を取り付けるなど、予想を上回る⾼い評価に確かな⼿応えを得ました。この評価を受け、この度、本格的な量産機の開発と量産体制に向けての準備が整い、2015年9⽉にパリで開催されるプルミエール・ヴィジョンの場で全世界に向けて発表を⾏い、『ウルトラ・ルガーノ™』として国内外に2016-17年秋冬シーズンをターゲットとした本格販売を開始いたします。

『ウルトラ・ルガーノ™』の商品特⻑

①上品なミラー調の艶感で、⾰新的な⾼輝度の光沢素材です。
②しなやかさを残しつつ、扁平で硬くならず、ドレープ性を兼ね備えたファブリックです。
③ベースとなる素材は化繊、合繊、複合素材など、薄地・中⾁の様々な織物素材で展開が可能です。
④プリントやボンディング、薄膜加⼯や機能加⼯などの後加⼯との組み合わせによって、バリエーションを広げることができます。
⑤洗濯耐久性にも優れ、洗濯後も質感と表⾯感を維持します。

ブランドロゴ
ブランドロゴ

新領域の光沢感について

①JIS規格(⽇本⼯業規格)の光沢度測定に基づいた測定を⾏っております。
②20度、60度、85度の角度で⼊射した光を100とした反射量を測定しています。
③従来のルガーノの反射量は、通常染上品の約2倍の反射量を可能にしたファブリックでしたが、『ウルトラ・ルガーノ™』はその域を超えた反射量のファブリックです。(ルガーノの2倍以上)

⾼輝度(反射量)測定⽅法

⾼輝度(反射量)測定⽅法

⾼輝度(反射量)測定値

⾼輝度(反射量)測定値

⽤途展開

ファッション⾐料、スポーツ⾐料、寝装・寝具、インテリア全般、鞄、靴、etc

『ウルトラ・ルガーノ™』と通常染上品の⽐較写真

【代表素材(20dナイロンタフタ)の⽐較】
【代表素材(20dナイロンタフタ)の⽐較】

ダウンジャケットなどに使⽤されている軽量ナイロンタフタ(写真右が通常染上品)が、今回開発した新特殊加⼯技術によって、反射量を向上させた光沢表現が可能になりました(写真左)。

< 一覧へ戻る